医学部専門の予備校での学習効果について

医学部に合格するための予備知識③

また、通常のペーパー試験で好成績を取ることの他に、小論文や面接の対策も必要になります。 医師になるための資質が備わっているかどうかを、小論文や面接で判断されるためです。

小論文ではどんなテーマが出題されても対応できるようにするため、複数のテーマで実際に書いてみて添削指導を受けると いった形式で授業を行うことが多いです。こういった添削指導をするかしないかではかなり効果に差が出て来るため、 学校選びの際には留意しておくと良いです。また、面接に関しては、質問を想定した上で、回答を予め準備するように 指導しているところが多い傾向にあります。その場で考えるよりもスムーズに回答できるためです。

また、回答の仕方が不自然にならないようにするため、模擬面接を実施して練習するようになっています。 大学受験の時点では、本格的な面接を受けたことのない人も多いですが、こういった模擬面接を何度も受けることで、 面接に慣れることができます。

このように、他の学部の入試とは異なる点をしっかりと把握した上で、対策を講じているため、 受験本番の際にも効果を発揮することが多いです。特に面接と小論文では、通常の受験対策と比べて、 その学習効果は高い傾向にあります。

医学部受験予備知識①
医学部受験予備知識②
③医学部受験予備知識③

医学部予備校 受験のナビゲート
医・歯・薬・獣 専門予備校